最新情報

An aquarium. 音羽本店
営業時間 10:00 ~ 20:00〈 平日 〉
10:00 ~ 20:00〈 土 日 祝 〉
定休日 なし
電話番号 03-6304-1110
メールアドレス info @ an-aquarium.com
※ 生体のお取り置き期間は「1週間以内」とさせていただいております。ご協力のほど、どうぞお願い申しあげます。
      ※ メールでの問い合わせは「ご注文」と「在庫の確認」の時にご利用ください。種説明や飼育相談はお電話にてお受けいたします。
 





11月
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ※今月は休まず営業いたします

ここは、An aquarium.の情報発信のページです。イベント・その他の活動の様子や新店情報、新入荷のお知らせなどを公開してゆきます。さまざまお楽しみください!

(手順・振込先のご案内)
(扱いアイテムの一部)

 
【コオロギ在庫・入荷状況
11/11 13:04現在】
 各サイズ、十分在庫あり
(11/10 新規補充しています)
 

 
 
 

 11/19(日)

本日午後2時半頃、無事に上海から戻っています。



お土産はありませんが、土産話は山ほどあります。ここでは近々お話しできるかと思います。
ただいま店頭では、うちのスタッフたちにランドスケープスタイルのレイアウト講座を戻るなり開催していています。お近くの方はすぐにお越しいただければ、その過程をお見せすることができます。

ようこそ(笑)


 11/14(火)

先月どこかでこれを見てもう出てんのねってことでドイツから入手したけど、さっそく日本のAmazonでも扱い開始。

テトラ本2017
【テトラ本2017年版】

前回の「テトラ本」は2006年版ゆえ、今回の改訂本は実に11年ぶりとなりました。ここ10年の新たな学術記載種を盛り込み、手元に置いておく教科書としては必要十分でしょう。今日の時点ではAmazon在庫は品切れていますが、在庫さえ復活すればすでに4千円弱で入手可能です。洋書はそのときのレートなどで多少前後しますが、今後はしばらくこのお値段で入手できますのでご安心ください。
今手元に数冊おわけできるものがあります。ただ、ドイツのAmazonでクリックしたものなので輸送コスト等で¥6,000-にてお譲り可能です。Amazonn在庫がなかなか復活しないときにでもご利用いただければ、といったスタンス。店に行ったタイミングで少し高いけどゲットしちゃおうか、って方向けにご用意した感じです。すぐ欲しい方は店頭までどうぞ。(残1冊・11/14夕方現在)

紙質の関係で書籍自体の幅は少し薄くなっていますが総ページ数は少し増えています。紙質も悪くなったわけではなく光沢のあるものに変わっているだけで特段問題ありません。ただ、画像については前回レベルなのでwebの画像を見慣れている今の時代にはそぐわぬ印象。これは昔から洋書に関しては期待できない部分なので致し方なしとしておきます。執筆者の間違いや認識ミスなどは散見されましたが、全体としては、新たな種の追加も十分見られ「今」を上手に反映した感じですので二重丸として受け止めています。ペルソナータはお話にならないし、ロートカイルが相変わらずウアウペシーだったりして笑けるところもありますが、スタエキーがしっかり二種に分けられていたり、紹介されていたミウアの画像がちゃんとMiuaでイエローミウアでないなど、ホッとするところもあり。近年の記載種もほぼ網羅されていますので、今後のアピストの入手のわくわく感はこの本でさまざま楽しめます。ということで、この本をどこかで一冊入手しておいてください。





【新しくアピストを買ったら、どうすれば良いか】
○ どの水槽に入れるか
新規にアピストを導入する際に、新しい水槽を買いセッティングをする。さてどのくらい時間が経過したら入れられるのかというおはなし。大なり小なりすでにこのさかなたちにはまってしまった人々は、幸か不幸かもうすでに数本の水槽を維持しているので、あまりこの点では難しくない。さかなが入っていようがいまいが、立ち上げてから時間を経過した数本の水槽がいくつか候補になる。このあたりの知識がないうちは普通に新規セッティングした水槽に新規導入のアピストを入れたがる傾向にあるが、少し立ち止まって考えるとどこに入れたらいいかが見えてくる。アピストをこれまで飼ってきている水槽をいうのは、これまで見てきたとおり無事にアピストがそこで暮らし続けてきたことを意味します。時には薬浴してみたり大幅に手入れをしなければならなかったりと、今日までに時間と歴史を刻んできたはず。この時間はかけがえないもので、新規の水槽はどうあがいてもその水槽を越えることはできない、今この時点では…。新規水槽は決定的に「時間」という面で大幅に劣る。もし今現在その水槽でアピストを飼っているのであれば、そのアピストを別の水槽にどかしてそこに新規のアピストを入れるのがセオリー。今まで飼ってきたアピストが問題なく過ごしてきたのであれば、前のさかなたちが見せてくれたものは、その美しさのみならず、その水槽でアピストが問題なく過ごすことができるという「環境」であることを指し示します。新規水槽では今後どうなるのか、悪い方向に向かわないように心がけはできるものの、それを予測することは難しい。つまり願ってもかなわない可能性が小さくない。その可能性部分を大きくカバーしてくれるのがこれまで維持してきた水槽であることわかりやすく受け入れられるでしょう。まだ日本に輸入されて日の浅いさかなであればなおのこと、あなたの水槽においては最も不利な弱者になり得ます。そのさかなを新規の水槽に入れることの無謀さを、なんとなくでも感じることができるでしょう。さかな水槽のコンディションは、それまで過ごしてきたさかなの様子を通してみてゆくのが良いのですね。そうして水槽の状況を把握して、どの水槽に新規を迎え入れるのかを決めます。その前に、今飼っているさかなをどこに移動させるのか、場合によっては新規水槽に導入されるのはこれまで飼っていたさかなになることもありますね。特に、欲しいさかながようやく今入荷した!なんて時の対応は、こんな感じで考えてみるといいです。

はじめてアピストを飼う場合でも、これまでさかな自体を飼ったことがない人がたどり着くことはほとんどない魚種なので、その説明は省きます。あまりにもマイナー魚種ゆえ、いきなりここということはまずありませんね。興味を持つ方々は、他の魚種を飼っていていつの日かアピストグラマの存在に気がつく感じです。自分なりに下調べをして、今あるさかなたちを葬ることも難しいので、新規の水槽を立ち上げそこに入れようと考えるのが自然な流れです。意外にアピストは丈夫な方のさかなゆえ、多くの場合は新規の水槽よりむしろ今維持している水槽を少しアピスト向きにして、他のさかなたちと一緒に入れた方がスムーズであることが多いものです。これについてはさまざまなシチュエーションが予想できますので、ちょうどこの状況にある方はAn aquarium.にお越しいただくかお電話にてご相談いただければすぐの解決法が見いだせますのでぜひどうぞ。
さて新規水槽にどのくらいしたら入れられるかというお話で、これは前にも触れたことがありますが、立ち上げた時間などを考慮しながら実際のそのさかなのコストを鑑みて収容します。これなら死なんであろう、ここまで準備したのだからこの値段のさかなも入れられる、という自分の直感とお財布事情に従うのがいい。そうして、はじめに入れられるアピストは自分では本番のつもりでもやはり「特攻隊」に過ぎない。これは仕方ない、だってこれまでアピストを飼ったことがないんだもの。冷静に見れば、これからその経験を積む前段階のお話なので、それを特に悲観することなく今からそれをはじめてみるという、そんな状況にあるのです。

○ どのように入れるか
いざ買ってしまったら、どのように収容しようかというお話です。袋浮かべて15分経過したら、さかなだけポイ!と入れます。水合わせはいりません。どうしてもやりたいのなら、自分が満足するまで水合わせすればいい。してもしなくてもほぼ一緒なので、大事な部分ではありません。好みのpHがどうのという中で、今袋のpHが不適で準備した水槽の方がその種にとって向いている水質であるならば、余計に水合わせなんていらない。心地よくない水から早く解放してあげるのが良く、水合わせの時間ほど無駄なモノはない。その時間さらに我慢させているようなものだから。しかして、重要なのはスタンバイしておいた水槽の状況「水槽のコンディション」であることが明確に見えました。

(とりあえず今日はここまで)




 11/13(月)

2018年ADAのカレンダーが届きました。

ADAカレンダー2018


今年は例年より一回り小さく縦型です。W297×H485というサイズ。カレンダーとしての実用的な詳細機能は今年もさっぱり果たしませんが(笑)、壁紙として、もしくはトイレの内扉壁専用として、大いに活躍してくれるでしょう。定価は¥1,500-ですが、ささやかに100円引きでご提供させていただきます。


ADAカレンダー2018
【 ADAカレンダー2018】
¥1,400-

An aquarium.のロゴ入りで、持ち帰り用の袋がございます。昨年より少し数が少ないのですが、お気軽にご利用ください。




このたび、新たにブライン専用の塩をご準備いたしました。


【 Brine Solt(ブラインソルト)】
¥500-
¥1,800-

※ 結果的にコストより質の選択を判断し、高品質な人工海水を袋詰めしました.

過去にDo!aquaの塩をブライン用に販売していましたが、ブランド変更に伴い商品構成が変わり、そのDo!の塩がラインナップから消えました。しばらくは販売を続けると聞いていたので油断をしていて、それを知ったのが夏過ぎの出来事。定期的にお求めいただく方が少なくなかったので、代品を探る旅に出ることに…。そう、よく旅に出ます・笑。
ブラインは並塩や食塩で十分ふ化してくれ、何ら問題ないのですが欠点が少し。エアレーションでストーンを使うときに目詰まりが激しく起こること。Do!の塩は店でわかすブラインにも使っていて、したがってこの塩の切り替えはAn aquarium.の実店舗内でも複数試されたわけです。結局販売を決めた塩はいいレベルの人工海水。Do!の塩よりグレードが高いものをスタンバイ。
赤い小さい袋で約500g、大きい袋で約2,000gでご準備いたしました。使用頻度でお選びいただけるよう2サイズございますので、ご自分のスタイルに合わせてご利用いただけます。質の向上に伴い、エアーストーンの目詰まり回避と同時に溶けるスピードが格段に速くなりました。今後ここにラベルを貼ってリリースしてゆきます。無印でよろしければ、本日スタンバイ完了していますので、明日からでもご利用いただけます。
ブラインを今度やってみたいのだけれど…、とか、沸かし方がわからないなど、なんでイトメやらないの?とか、人工飼料は?、などなど、ご質問があればお越しの際にでも一緒にお尋ねねください。お気軽にどうぞ!

エアーストーンの目詰まりにより投入されるエアーの量が減退することで、翌日与えるブラインの負荷率がかなり落ちていて必要量摂取できない事態に陥ったり、長年ブラインをやっているとこのあたりが気になるもので、改良の余地が塩の品質にあります。ただ、ストーンを使わずエアホースの先にパイプなどを付けて荒い気泡でわかすのであれば特に塩の質は気にしなくても良いところです。趣味の世界では、小銭ですんでしまう知れた経費よりは質の向上を選択しますので、逆らうことなくここでも周到しています。どうぞご安心ください。





今週の水曜日11/15から11/19まで、上海で開催される「CIPS2017」に志藤が参加。しばらくお店を不在にします。店頭でのご相談などでご不便をおかけしますが、どうぞご了承ください。レセプションから始まり実際のレイアウト作成と、日本メーカーのブースも拝見してきたいと思っています。メインは中国のアクアリウムの温度がどれだけであるか、8年前に北京を訪れていますが、それからどんな空気になっているのかなど、なにかと楽しみにしています。



現在APAPの製作などで、幾人かの方々のご相談話がございますが、今日明日はまだ間に合いますのでお気軽にお声がけください。12月の声を聞くようになると納期や運送の関係と立て込み具合が年末モードになります。よろしければ早いうちにご相談いただくとスムーズです。不在の時でも発送やメールでのご対応など、問題なくいけると思いますのでとりあえずはご安心ください。




トニナ/お買い得10本パック」の在庫はまだ大丈夫です。まだ100本ちょっとございます。スターレンジはすでに売り切れていますのでご注意ください。お振り込みが可能であれば、送料分としては¥400-でご利用いただけます。お気軽にどうぞ!


 11/11(土)

トニナ/お買い得10本パック」のリリースを予定通りはじめています。今回は200本弱ご準備できました。次回までしばらく間が開きますので、どうぞお見逃しなく。



 11/9(木)

仕入れに出ています。さまざまお持ちしています。

・Ap. "ネグロMix"【Manaus便/WILD】  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!
・Ap. エレムノピゲ "イタヤ"(A-class)【Peru便/WILD】  ・・・・・・・・・・・ペア ¥5,800-
・Ap. ボレリー "オパール"【Czech便/Br.】  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ペア ¥4,000-
・タエニアカラ カンディディ "ネグロ"【Manaus便/WILD】  ・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!

・オキシロプシス sp.(cf. wrightiana)【Peru便/WILD】  ・・・・・・・・・・・1尾 ¥1,900-(残1)


・セレベスレインボー "ワイルド"
【Indonesia便/WILD】
  ・・・・・・・・・・・・・15尾で ¥9,800-
・ファイヤーレッドレインボー【Indonesia便/Br.】 ・・・・・・・・・5尾 ¥2,500-/10尾 ¥3,800-
・ネオンドワーフレインボー【Indonesia便/Br.】 ・・・・・・・・・・・5尾 ¥500-/10尾 ¥800-
・グリーンネオン【Colombia便/WILD】  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10尾 ¥800-
・GoハニードワーフG

アピストのワイルドは新規ペルー便にてきれいなエレムノピゲ、そして「ネグロミックス」としてカンディディの中から5尾だけピックアップ。内容構成はペルテンシス4&レガニが1。バルセロス産だといいなと思いつつ、インボイスは「ネグロ」つまり詳細エリア名は付随しませんのでご了承を…。サイズはチビチビで雄雌の気配すら感じませんので、育てて遊べる方向けに、先着1名様、どうぞ!ペルテンはアレだといいなと、レガニも雌雄すら判別不能なサイズですが、アレだといいなと…、そんな想いから。
エレムノピゲは今回はさほどでかくもなく、ただ色合いは派手目でした。あとで時間がとれたら画像をせておきます。
チェコ便の在庫ですが、またボレリーオパールも追加しています。お待ちの方はぜひどうぞ。
カンディディーはちょっと気になる発色が一部分あって、小さめながら♂2♀3のつもりでチョイス。まとめて5尾でお出しできます。同便同産地でどう変化するか楽しんでみてください。売れ残りはこっそり歓迎します。行く末を目の前で見てみたいので。

セレベスレインボーのワイルドがいたので、誰かレイアウト水槽にまとめて入れたい人向けにお持ちしています。15尾しかいなかったのですが、逆にこれでちょうど良い数かな。




久々のブラジルネタも到着しています。いよいよサルピンクション登場!!

・Ap. サルピンクション "マナカプル"【AquaFauna便/WILD】  ・・・・・・・・・・・ペア ¥29,000-
・Ap. エリザベタエ "ウアウペス"(A-class)【AquaFaunaA便/WILD】  ・・・・・・・ペア ¥35,000-

ちょっと安い。便乗してくださってOKよ・笑。まずは3ペア先行ネタです。
今回のかなりご好評のエリザベ君たち再来しています。今回は頬赤1に腹赤3で合計4ペアおりますので、よりどりチョイスにおこしなさいまし。







今月から「アクアジャーナル」は一回り小さく、そして一冊¥100-になりました。昨日より後楽園で「NATURE AQUARIUM展」もスタートしております。年明け1/14まで開催の運び。このチラシをご持参頂くと入場料が100円引きとなりますので、気になる方はお越しのついでに差し上げますゆえお気軽にどうぞ。
そしてアクアジャーナルは、今月よりADA商品をお求めの際に1冊さしあげます。ささやかなサービスとしてご利用ください。




同時に「ADAアニュアルエディション」として、一冊¥1,300-の本が販売されています。画像と解説のボリュームが豊かで、手に取り学ぶことがで来ます。まだ水草に慣れないみなさんにおすすめします。




今週みずくさも少し追加しています。実はこれまでも毎週なにかしらの補充はしているのですが、ついつい忘れちゃう。

・マルレシア クレナタ1-2GROW/tropica・・・・・・・・・・・・・1cup ¥1,200-
・ロベリア カージナリス【1-2GROW/tropica】

・ボルビティス(XL)【XL-pot/tropica】・・・・・・・・・・・・・・・1cup ¥4,500-
・Fissidens sp.【ステンシート/Singapole】

・ミクロソルム "アピスト水槽用"
【pot/Thailand】
・・・・・・・・・・・1pot ¥800-
・ミクロソルム "フィリピン"【pot/Thailand】・・・・・・・・・・・・・1pot ¥800-
・ミクロソルム "クレイジーリーフ Type2"【pot/Thailand】・・・・・・・1pot ¥980-
・カボンバ
・アナカリス




 11/7(火)

【初めてのアピスト】
他の魚種からの乗り換えで、今度はアピストでもやってみようかと…。
時代から、まずはインターネットで情報を入手しようと検索するも的確なモノがなかなか得られない。アピストに限らず何をやるにもそんな感じでしょう。行き当たるその情報の信憑性を探るすべもなく、しばし途方に暮れる。とりあえず一番信用できるのは"自分の眼"であろうということで、比較的近所で実際売っているアピストを見に行くことになるのが流れのひとつ。住んでいるエリアによっては、てんで店などないわい…、というケースもまれではなく。まずは飼ってみるベ!ということで、無難そうなところから通販することになる。
博打からのスタート…。運任せ、うまくゆく環境があるときは運が悪かった、となるが自らが準備した環境に問題があったりすると自分では気がつくことができないから、その次のステップがなかなか踏み出しにくくなる。よく聞くお話である。

みんなの代わりにブラジルに4回ほど行ってきた。目的のひとつに、「アピストが棲んでいるところ」を直にプロ側は体感しておかねばならぬ、というごくありふれた使命感からである。卓上の空論、いやこの時代ならPC前の悶絶などを回避するためにも必須のこととして実行したまで。そんなわけで、現地から得たことを水槽に置き換える行程途中での飼育のヒントをいくつかお話ししてみようと思います。

ALの紙面かここのwebページかどこでお話ししたかは忘れましたが、生息地での共通項としてアピストの場合「落ち葉」がひとつ重要なキーになります。そこにそれがあると、たいていアピストが採れる。"たいてい"から除外されるケースもあった。大量の落ち葉があるのだが、降り積もって日が浅いエリアだとか、落ち葉が深すぎてそこにアピストがいるかも知れないが探り当てられなかった、というケース。漁師の目線でアピストを追うとすると、自分の持っている網で効率よくアピストが採れる落ち葉の深さっちゅうもんがあって、水から単に落ち葉を持ち上げているのかアピストを採っているのか微妙になる。水辺で見られる葉の大きさはおおよそ20〜30cmほど。常緑広葉樹の葉である。日本の四季の中での落葉広葉樹の葉はもう少し小さい。ネグロなどはほぼ赤道近辺に位置し、常緑広葉樹と言っても樹幹は高くつまり背が高い、その分1本の木が大量の葉を付ける。新陳代謝のためと、風などにより普通に落葉しつつ新葉の展開も盛ん。これでなんとなくイメージできるでしょう。



アピストがいるところには落ち葉があり、そこですべての衣食住と次世代へ継ぐための子孫残しと、一生涯そこで暮ら氏命を全うする。仮にその場で一時的に増水し流速が増し落ち葉が流されたとしよう。それはあたかも「貝を失ったヤドカリ状態」と同イメージ。水上からの捕食者である「鳥」から身を隠すすべを失い、同水域に潜むフィッシュイーターたちからも身を隠すことはできない。生涯最後の惨事がそこで繰り広げられてしまう。

いくつかキーポイントがあったと思う。その答えはまた後日に。


 11/5(日)

今回のイエローミウアは本日開店時で残2ペアとなりました。ねらっていた方はおはやめにどうぞ!!
それと「トニナ/お買い得10本パック」はまだ大丈夫。ちなみに「スターレンジ/お買い得10本パック」も少し在庫あり。






 11/4(土)

今回は少しだけですが、「トニナ/お買い得10本パック」をご用意いたしました。

トニナ
10本¥800-
(パックして冷蔵庫保存)


これまでより今回の出物は長めで、あらかた草丈12cm前後
。傘が少し大きいので、抜けにくいようにと少し深めに植え込むのが良いでしょう。浅い底床だと少し苦労します。4つ分ほどしかご準備できませんでしたので、売り切れの際はご容赦ください。

事前にお声がけいただければ優先確保しておきますので、お気軽にご一報ください。ちなみに次回のトニナのリリースは、次週末ぐらい。そのときは"そこそこ多め"に放出予定です。(草丈は約7〜10cmがメインサイズ)



 11/3(祝)

本日「プチセール」最終日。さまざまお楽しみください。

60レイアウト




今日はオトシンを追加補充しています。

・オトシンクルス "ペルー"【Peru便/WILD】
・オトシンクルス "オリノコ"【Colombia便/WILD】



 11/2(木)

おさかなのみですが、ささやかに「プチセール」開催中!(明日の11/3まで)

○ ご来店でのご利用・・・・・・・15%OFF
○ 発送でのご利用・・・・・・・・10%OFFプラス送料半額

一律に適応させていただいております。意外においしいです。

9月ぶりに「おさかなの在庫」を更新していますので、ご参考までにご覧ください。このページ、カレンダー横の「店頭在庫と製品紹介」からどうぞ!







 11/1(水)

先月末のご好評ネタはあらかた売り切れ。そこであわててネグロのエリザベ上物ネタとイエローミウアを本日補充しています!

・Ap. エリザベタエ "ウアウペス"(A-class)【AquaFaunaA便/WILD】  ・・・・・・・・SOLD OUT!!
・Ap. "イエローミウア"【AquaFauna便/WILD】  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ペア ¥19,000-

きれいどころのエリザベを再びご準備いたしました。今回も好感度満点です。
イエローミウアも追加補充していますので、存分にどうぞ。11/3まで「プチセール」開催中です。この期を逃さずご遠慮なく便乗ください。


【 Ap. elizabethae "Rio Uaupes"
(A-class)】





【 Ap. "Yellow-Miua"





これで今日は収まらず、きわネタまで到来してしまいました…。


♂と♀、そして色彩比較にブラッドレッドが左はじににいますね。


いい感じで♂のバックショットが撮れちゃったよ。かなりやばい感じ…。


ラッキーなことに♀個体も一緒に来てくれたので、この種の把握に役立ちます。


【  Inpaichthys kerri "Rio Aripuanã"
/WILD caught 】

商業ルート、日本初上陸のワイルドのケリー到来しちゃったよ。

・インパイクティス ケリー "リオ アリプアナン"【Brazil便/WILD】 ・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!

見なかったことにして。笑



 

(C)2017 An aquarium. All rights Reserved.