最新情報


  メールアドレス info @ an-aquarium.com

※ 生体のお取り置き期間は「1週間以内」とさせていただいております。ご協力のほど、どうぞお願い申しあげます。
      ※ メールでの問い合わせは「ご注文」と「在庫の確認」の時にご利用ください。種説明や飼育相談はお電話にてお受けいたします。

 
12月
1
10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ※ 火曜・水曜は定休日
  ここは、An aquarium.の情報発信のページです。イベント・その他の活動の様子やその進展状況、新入荷のお知らせなどを公開してゆきます。さまざまお楽しみください!



2020年
11月号
10月号
9月号
8月号
7月号





(手順・振込先のご案内)
(扱いアイテムの一部)

 【えさ用のコオロギ、在庫あり】
 生まれたてから親サイズまでご準備しています


フェイスブック:さかなやみずくさ画像あり(成瀬がメインで更新しています)
インスタグラム:EHEIMイベント&渓流など(志藤が更新しています)


※ 店頭ではスマホでの決済も可能です

 
 

 12/5(土)

今週のおさかな追加は少しだけです。

・Ap. アガシジー "テッフェ/青"(A-class)【Manaus/WILD】・・・・・・・・・ペア¥12,000-
・Ap. アガシジー "テッフェ"【Manaus/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・・ペア¥9,800-
・カージナルテトラ "ネグロ/バルセロス"【Manaus/WILD】・・・・・・・10尾¥1,500- 30尾¥3,800-

ワイルドのアガシジーテッフェが少し補充できています。程度の良い青いテッフェが1ペア取れます。オレンジハデ目になりそうなのは98コースからチョイス可能です。若い雄でピックアップいただきましたので、入手後は行く末を長く楽しめると思います。
カージナルは今回もワイルドです。数は十分おりますのでしばらく大丈夫です。





かれこれ1年以上前にやって来たギニア便のアヌビアスの養生株、また少し入手できました。

・Anb. ギガンテア "マモウ産"【養生株/Guinea-WILD】・・・・・・・・・・・・・1株¥6,800-
・Anb. アングスティフォリア【養生株/Guinea-WILD】 ・・・・・・・・・・・・・1株¥2,800-

それぞれ3株あります。



【 Anb. ギガンテア "マモウ産"/from Guinea 】

床のマス目は1辺30cmで、ご覧の通りいずれもしっかりした株です。まだ若い葉ですので、さらにまたデカくなると本来のギガンティアの耳付き葉に変化してゆきます。


【 Anb. ギガンテア "マモウ産"/from Guinea 】

アップで一枚。検疫の関係で、今後はワイルドアヌビアスの入手は見込めず、貴重な3株となりました。興味のある方はどうぞお見逃しなく。




【 Anb. アングスティフォリア
/from Guinea

アングスティフォリアも3株ほどあります。ちなみにに、Sプラケで生きながらえている当時入手してあった店の在庫も少しあります。

ほかには、

・キューバパール【1-2GROW/tropica】・・・・・・・・・・・・・1cup¥1,200-
・ブリクサ ヤポニカ【1-2GROW/tropica】

かつて「黒カップ」でやって来たブリクサヤポニカが通常の「白カップ」になって登場しています。お値段も通常の1-2GROWといっしょでお出しできますのでご安心ください。今回は入荷状態が微妙なので2cupのみご準備しましたが、


すでに液体培地に濁りが生じていますので、この土日限定での販売とさせていただきます。比較的pHの低い水草水槽をお持ちであればいけますが、配慮がないと溶けるだけなので自信がない場合は避けておいた方がよいでしょう。日本産のブリクサなのですが、近年入手ソースが限られ、入手の機会が少ないのでマニア向けにオススメしておきます。

・ミクロソルム "ナロー"【pot/tropica】 ・・・・・・・・・・・・・・・・1pot¥1,900-
・Erio. モンテビデンシス(ロングヘアー)【pot/tropica】 ・・・・・・・・・1pot¥2,500-
・ロタラ "メキシカーナ・ワイナード"【バラ/Thailand】
・グリーンマクランドラ【バラ/Thailand】

2種のロタラは、種の信憑性や展開を見定め、後日なまりまき特価にてリリース予定です。

ADAのTC-cup「みずくさの森」も本日新たに到着しています。

【TC-cup/ADA】
・キューバパールG
・Ech. テネルス
・ヘアーグラス
・ショートヘアーG
・スタウロギネ レペンス

・ロタラ インディカ

・ロタラ "Hra"
・ロタラ "ワヤナード"

・ロタラ ワリッキー "ロングリーフ"
・Hyg. ピンナティフィダ
・ニードルリーフ ルド
・Mrio. マトグロッセンセ
・プロセルピナカ パルストリス
・ウォーターローン
・ヒドロコティレ "ミニ"

今週はこんなところでした。



 12/3(木)

動画サイトYouTubeでの「エーハイムアンバサダーチャンネル」にて、11月中に水草の植え込み作業の様子までアップされています。この水槽はもちろん現在進行形で維持しており、今後も完成までの動画配信を予定しています。
特に遠方にお住まいの方々にとってはしゃべくりながら動いている"しとう"を垣間見ることができるので、違う意味でも楽しめるでしょう・笑。昨年アンバサダーイベントで全国を回った時にご参加いただいたみなさん、誠にお久しぶりです。ここで再びお会いすることができます。また、その時ご都合でご参加いただけなかった方や、最近アクアリウムを初めて、そろそろレイアウトでもやってみたい!とお考えのあなたにとっては、かなり楽しんでいただける内容に仕上がっていますのでオススメです。実のところ水草レイアウトを魅せにおいてあるアクアショップの特に若いスタッフのみなさん方、そして大年のおっさん方にも、「あいつが考えていることと思考の過程・動作振る舞い言葉遣い」まで、意図する"何か"をくむことができるかも知れませんので、ぜひどうぞ!!

今回やっている「エーハイムレイアウト」では、前半4本、そして後半2本にまとめられています。前半は水を張る前までのレイアウトを作ってゆく過程を、そして後半は実際に水草を植えてゆく作業などがメインとなります。


エーハイム アンバサダーチャンネル 水草レイアウト製作動画・前編
【その①:石のレイアウト/導入編】

https://youtu.be/A_QJi-oR4eo
青華石の特徴やら、世で言われる「構図」といわれるものをわかりやすく解説しています。平坦になりがちなレイアウトを立体的な造形に変貌させるためには、視覚的な「光と影」をうまく利用すると見違える。現実的な小さな水槽を前にさっそく実戦開始。水槽サイズに合わせて素材の量などがどれだけ必要なのか、これで目安を知ることができます。
【その②:石組み実践・土台製作/構図の見通し】

https://youtu.be/9kFFML5Urxk
インクピリア175(700)の本番水槽で、石を触りながら雑談をかさね、いざ石でのレイアウトの作業が始まります。
【その③:石組み実践・素材の接着技】

https://youtu.be/iUwsxzRtl9Q
接着技を覚えると、自分でなせるレイアウトの表現幅が格段に広がります。接着箇所をうまく剥がせば、素材を痛めることも少なく再使用することが可能です。
【その④:石組み完成へ・ソイルを敷くコツ】

https://youtu.be/nUgRnxxqeGA
上手にレイアウトをこなすにはいくつかのNGを常に回避することを心がけるのが良いです。経験が少ない人でもこうしたことをふまえて製作してゆければ、「意外にいけてんじゃん!」としたレイアウトを目の前にすることができます。

ここまでが先月お知らせした動画です。ひそかに月末に新たにアップされたものが残り2本。もうすでにチェックいただいている方も少なくないようですが、以下の動画をここのページでご紹介するのは今回が初めてになります。


エーハイム アンバサダーチャンネル 水草レイアウト製作動画・中編
【その①:素材を隠さない水草選び

https://youtu.be/c3T88bOG5HA
今回の素材組(ハードスケープ)をしてきたところで、その製作意図を殺さないようにするがための植え込み作業を一貫して行っています。作業に没頭するあまり、忘れがちなことがいくつか生じやすく、それを回避するために自分に言い聞かせながら、ショップでの水草選びと実際の植え込みを終えるとスムーズです。簡単そうでなかなかできないこと。
【その②:製作意図をしっかり表現するために気をつけること】

https://youtu.be/yLGjXt1NBsQ
「初心者だから」をいいわけにして、上達することを放棄しているようにも見える傾向が多々あります。一転、動画の内容はやさしく流れるように進みます。あえて見えないところに植え込む心理などを、可能な限り想像してみてください。

素材は今回青華石を選びました。中国から輸入されている石で、違う名前で同種の商品が国内に並んでいます。個性的な石で、はじめに石でレイアウトを作ろうと思ったら、最初の方に選択肢に上がる石ですが、目にするレイアウトの傾向が似たり寄ったりなので、今回はあえて"新しい形"にチャレンジしてみました。

進行中のこの水草レイアウトは、今月には「トリミング」を含めて維持管理編の動画撮影の予定があります。順調であれば年明けにひとたび完成の絵が撮れるかなと、そんな流れで進んでいます。世の情勢がら、遠方に出向いてのレイアウト実演がこの春からあらかた中止となり、目の前での実演としゃべくりがないまま歳が明けそうです。エーハイムサイドから、今回はこうした形でみなさん方の趣味のお手伝いとさらなる楽しみに方向をご案内させていただきました。中身の充実はわたしの仕事であり、先の動画でそのパフォーマンスを担います。内容や途中のコメントにまつわるご質問は、ここAn aquarium.のしとうへダイレクトにどうぞ。周辺の意図を交えてしっかりとお手伝いさせていただきますので、いつでもお気軽にどうぞ!!





エーハイムの動画では、今年以下の内容をすでに公開しております。

【水草水槽での水流の重要性】
https://youtu.be/852oF0CCmXU

【油膜が出た時の3つの対処法】
https://youtu.be/IMMzllBvafc

【水草水槽の楽な水換え方法】
https://youtu.be/W1rxze965mc

【インクピリア175】
https://www.youtube.com/watch?v=I0DoKh-Q74c&t=0s

【ろ材は多ければベスト!というわけではない!?】
https://www.youtube.com/watch?v=V-rusCBvL6M

【エーハイムクラシックフィルターの呼び水】
https://youtu.be/MwVFdTOsUhw

この春以降、しとうが関わったものが上記の動画です。エーハイムのノウハウはさまざまありますので、フィルターのろ材や水流について、「自分用水槽へのアレンジ」なども、店頭などでご相談にのっていますので合わせてお声がけください。みなさんの趣味が向上してくると、ますますAn aquarium.の出番が増えてきます。行き詰まりを感じたら想いをぶつけにお越しください。




 

(C)2020 An aquarium. All rights Reserved.