5尾のみ
最新情報

An aquarium. 営業時間 平日10:00~20:00 土日祝 10:00~18:00 定休日 火曜日・水曜日 電話番号 03(6304)1110
  メールアドレス info @ an-aquarium.com

※ 生体のお取り置き期間は「1週間以内」とさせていただいております。ご協力のほど、どうぞお願い申しあげます。
      ※ メールでの問い合わせは「ご注文」と「在庫の確認」の時にご利用ください。種説明や飼育相談はお電話にてお受けいたします。
 





 
10月
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ※ 火曜・水曜が定休日
  ※ 10/13・10/14は臨時休業

ここは、An aquarium.の情報発信のページです。イベント・その他の活動の様子やその進展状況、新入荷のお知らせなどを公開してゆきます。さまざまお楽しみください!

(手順・振込先のご案内)
(扱いアイテムの一部)

 【えさ用コオロギの在庫状況】
  各サイズ、十分在庫あり
 

 
 
 

 10/16(火)

普段はお休みの火曜日ですが、意外にも本日の営業はご好評でした。



シンガポールのロジャー ゴー、今日の午後に初来店。まだわたしが銀座にいたときはレイアウトすらやってなかったと思う。嫁さんと仲間で計4名でのご来店でした。彼とはほぼ毎年ADAのパーティーでお会いしています。昨年の上海、今年の広州でのCIPSにもお越しで、ここ数年よく顔を合わせる人のひとりです。今年のIAPLCでは8位・昨年は5位と、若手の実力者です。




実はTAUなどのレイアウトの仲間内ではADAのコンテストを「IAPLC(アイエーピーエルシー)」と呼称しています。




なぜなら、世界中で目につく複数のコンテストが開催されるようになったからです。ここ20年の日本では、水草レイアウトに関してコンテスト開催を契機にADAが牽引してきました。そして、ここ10年でも他国の人々との交流の機会が幾度もあって、世界での認識と日本での認識との温度差が徐々に徐々に感じられるようになってきました。SNSなどでの交流のみだと微妙に実感しにくいのですが、肌を触れあい片言でも彼らとの交流の機会があると、本音と建て前、特にその本音部分が見え隠れしていることに気がつきます。



天野氏邸宅の庭です。新潟でパーティーが開かれる折りに自宅の4m水槽お披露目があります。水槽のある部屋から外を見るとこの風景が展開しています。とてもうらやましいです。今年のIAPLCの6位作品はこの絵をモチーフとして制作されました。素敵なレイアウト水槽に仕上がっていました。陸上風景を水槽内に模す「ランドスケープ」、中国とインドネシアに国を渡ると、超自然風景のジオラマ、つまり中空に浮いてしまっている系の水景も多々見受けられるようになりました。良し悪しは個々人の判断に委ねるところではありますが、さてそれを巧みに造れるかどうかの技術的なところからすると、彼ら彼女らが我々より一歩前を歩いています。
「自然の世界の追求」となると、それは派生であって主流とは言いにくいと思いますので、そこはあまり気にしなくてもよいところなんですね。では、さらなる「自然の世界の追求」を掘り下げてゆくのであれば、それは個々人の中に「それ」があるのではないかと考えています。少しこむずかしい話になりましたが、『いろいろ心配しなくてもだいじょうぶなんですよ!』という感じに要約することができますので、ひとまずご安心ください。

水景を「アクアスケープ(Aqua Scape)」と呼ぶのが一般的になりつつあります。この分野に興味のある方方は、今回それだけは覚えておいてください。




この土日の新潟ADAイベントでは、新製品の紹介も少しありました。




液肥類が昨年末から今年にかけてリニューアルし、残されたこれらが四角いボトルに変身して登場します。効果をプラスしあらためて登場するようです。液体や粉関係がこれで出そろいますので、そう遠くないうちに「メンテナンススタンド」も再登場するでしょう。ただこれはわたし個人の予想であって、裏は全くありませんのであしからず。DOOAのCO2セットがなかったので、今回新登場します。Nature Aquarium製品の方はすでに発売されていますね。レギュレーターの性能は同一で、デザインを少し変えています。付属のボンベスタンドは水槽の縁にひっかけるタイプです。カウントディフューザーがついて値段は¥1,000-だけ安く出る予定です。リリースされるのは11月・12月と、年末にかけて準備でき次第リリースされてゆくと思います。もうしばしお待ちください。



 10/15(月)


本日コクーン便、ネタを少し補充しました。なんと今回はカラシンが
メインです。

・バウペス シザーステール【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・・・・・5尾 ¥9,000-
・ハイペソ sp. "バウペス/その1"【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・・7尾のみSOLD OUT!!)
・ハイペソ sp. "バウペス/その2"【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・・12尾のみ


まずは見たことない銀色シリーズから。尾ビレがまだかけていますが黄色と黒で結構ハデ目。通常見るシザーステールなさかなたちより、黒がぶっとくて目立ちます。サイズは5cm前後で今回はこの5尾しかなかったようです。これで今便おしまいでもう来ない感じの流れになるでしょう。



SOLD OUT!!

次は色付き、袋の中の撮影ですがなかなか「きれい系」です。腹部と顔に黄色がうっすらのって見えますが、コクーンの水槽では落ち着くと黄色が強く出てくるそうです。現物のサイズは4cmぐらいで7尾おります。全部買い占めれば自分だけの水槽に泳ぐことになりますので、少しドキドキできますよ。



1尾 ¥2,500-

三番手がこれです。全体は赤、サイズは小さめ2cm弱。腹ビレと尻ビレの手前は鮮明な朱色入り。尾ビレにはこれ、オレンジ色が生じてくるのでしょうか。数は12尾おりますので、小型水槽や、せいぜい60ぐらいの水槽でまとめて泳がせる向きで。この入荷はある意味で交通事故遭遇としてご認識ください。次回はないと予想しています。





8月に突然やってきたビエジタくんたち、コクーン在庫を引き上げました。残り少なくそれぞれ2ペアの補充となりました。

・Ap. "D24"【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・・・・・・・ペア ¥35,000-
・Ap. "D25"【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・・・・・・・ペア ¥25,000-


まだお引っ越ししてきたばかりでしょんぼりしているD25です。顔回りに複数赤あり。サイズは6cmほどでもう小さくないです。♀とのサイズ差が少しありますが経験者ならなんとかなるレベル。それなりに気遣いながら導入、そしてペアリングまでトライしてみてください。もう今回はこれが最後となると思いますので、入手しそびれた方はお急ぎあれ!!



こっちはしょんぼりどころか威張りまくっております。サイズはさらに少しでかい。迫力もかなりナイスです。D25はこの画像の2尾の♂で終了です。ナイスなアピストなのでこのタイプまだ未体験の方はぜひチャレンジしてみてください。


D24も2ペア追加しました。サイズは4cmほどでサイズ差はさほどありませんが、色はまで出ていませんので画像省略です。ご自分水槽で育てて微妙な色合いの変化と、ヒレやフォルムの変化をこっそりご堪能ください。ご質問その他、いつでもお気軽にお寄せください。ちなみに、明日の火曜日も今週は営業しています。







 10/12(金)

【今週土日休業のお知らせ】

少し前にも告知していましたが、「10/13()10/14()」は新潟ADAで開催されるアクアスケープの国際イベント(ADAパーティー)参加のため、二日間お店の営業をお休みさせていただきます。10/15の月曜より、通常営業いたします。
なお、振り替えというわけではございませんが、10/16の火曜日と10/30火曜日に普段定休としています火曜日に臨時営業させていただきます。この10月は変則営業となりご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

発送でのご利用に関しまして、本日出荷の土曜(10/13)着のお荷物はお受け可能です。日曜(10/14)着と月曜(10/15)着が困難です。スケジュールが合えば、お気軽にご指示ください。





ここのところしばらく中国広州行きがあったり、代々木での大型レイアウトのお手伝いや田園調布での新築宅ランドスケープなどなど、案件をいくつかかかえていたりと、なにかとドタバタした日々が続いています。みなさま方のご要望やご希望などは、普段通りお気にせずお寄せください。できるだけご対応させていただく腹づもりでおりますので、ご遠慮なくどうぞ!!


 10/8(月)

この夏からテスト導入していたのですが、今月10月より発送でのご利用でも「クレジットカードのご利用」が可能になりました。発送時にかかる送料は「代引」の時と同額になります。

 
関東・南東北
東海・北陸
北東北
近畿
中 国
四 国
北海道
九州
沖縄
振込でのご利用
¥1,300-
¥1,500-
¥1,600-
¥1,700-
¥3,000-
¥3,500-
代引でのご利用
カードでのご利用
¥1,800-
¥2,000-
¥2,100-
¥2,200-
¥3,500-
¥4,000-
小さな器具(振込)
¥1,000-
¥1,200-
¥1,300-
¥1,400-
¥1,800-
¥2,000-
小さな器具(代引)
¥1,500-
¥1,700-
¥1,800-
¥1,900-
¥2,300-
¥2,500-

※ 北海道・九州・沖縄地区の場合、現在タイムサービスでの発送を行っています。(超速便はヤマトの関係で休止中)
航空便のためカイロを使用せず発送しています。北海道地区へのサカナの発送は6〜10月まで承らせていただきます。



ご注文時に「クレジット払い」とご依頼ください。ネット上で、PCもしくはスマホから簡単に手続きができます。
流れとしては、

0. メールやお電話でのやりとりの中でご予約とご注文を確定します。
1. 料金を確定したあとで、こちらから決済ページのアドレスをお送りいたします。
2. ご自身でクレジット情報などの手続きを完了します。
3. あとは荷物の到着を待つだけとなります。

こんな感じで、決済手続きもすぐに終わります。送料に少し目をつぶると振込の手間や代引時の現金の用意がご不要になります。ネット上でのたのお買い物に少し近い感じで、慣れるとかなり便利かも知れません。「振込」と「代引」のサービスは引き続き行いますので、みなさま向きでのお支払い時の選択肢がひとつ増えた感じです。

ご不明な点はいつでもお気軽にお尋ねください。


 10/7(日)

今回は予定通りAn aquarium.へと戻ってきています。




庄内平野は稲刈りのシーズン真っ盛り。遠くに見えるのは秋田県境の鳥海山です。ここら一帯は日本で有数の星のきれいなエリアでもあるんですね。




最上川が長年かけて形成した地形、豊かな大地です。




新規の採集ネタとして、グリーンドワーフシクリッドが来ました!










【 グリーンドワーフシクリッド(ネグロ水系)】
ペア
¥11,000-


南米にはアピストグラマ以外にドワーフシクリッドのカテゴリーに含まれる魚たちがいます。タエニアカラの仲間ではカンディディが、ビオトエクスでは画像のオペルクラリスとディセントラルクスの2種が知られています。少しやっている人であればこのビオトエクスというのはグリーンドワーフのことを指し、オペルクラリスはブラジル側にそしてディセントラルクスはコロンビアオリノコ流域に棲息しているということを知っています。ほかにはアピストグラモイデスがペルーにいて、ワンサイズ大きめだがディクロッススなどもドワーフシクリッドの仲間になる。ディクロッススクラスの体長でもう少し体重の重いグループたちはナンナカラやイバナカラのグループたち。ほかにドワーフパイクなどもいて、こんな具合にアピストグラマ以外にも魚種は豊富だ。

ちょいと話がふくらみましたが、肝心の今回のグリーンドワーフはブラジル側の魚たちしかもネグロ水系の連中です。6.0未満の水槽コンディションは最低限準備して、しかも同サイズもしくはそれより大きなアピストグラマや他のシクリッドたちとといっしょに飼わないこと、が主な飼育のコツとなる。ヤツらをその水槽で一番威張らせてあげる公算ですね。馴染む前に他魚にやられ彼らの持つ本来の色彩を楽しむことなく失うことのないよう、知識としてこんなことを先回りして頭にたたき込んでおく。
あとは基本的にはアピスト飼育といっしょだ。毎日ブラインわかしてやるだけ。何度も言うが、イトメとか人工飼料は決してあげないこと。ブラインのみが良いのであります。

画像は3枚目、一番下の写真個体が♀。上2尾は♂で別個体。この雰囲気で3ペア吟味してきています。未体験の方はぜひいちどチャレンジしてみてください。アピストたちと違う仕草などを、目の前でお楽しみいただけるかと思います。


 10/5(金)

今日は仕入れに出ています。

・Ap. エリスルラ【Brazil SãoPaulo/WILD】
・Ap. ホイグネイ【Sigapore/Br.】

時間切れとなりました…。

その他のおさかなやみずくさは、あらためてFBページでご案内申し上げます。

https://www.facebook.com/An.aquarium.otowa/

帰りの飛行機がまたもや台風の影響を受けそうです。泪



 10/4(木)

コクーンのコロンビア便、到着しています。

・Ap. cf. フラベリカウダ "オリノコ上流産"【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・・・・・ペア ¥18,000-
・Ap. リネアタ "Super Red/新産地産"【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・・・・・・・ペア ¥20,000-

以前ここでご紹介いたしましたフラベリカウダの地域変種
それと、過去にないかなり色彩ハデ目のリネアタが来ました。これまでのリネアタの産地とは異なる場所で採られた模様です。単にハデなだけではなく、地域変種としての位置づけで、New-Typeと言えるのでしょう。総勢10ペアご用意できました。スペシャルネタもいて、値段は別枠ですが、尾ビレの赤い個体が1ペアのみ、それに準じる超ハデ目が3ペアおります。

・Ap. リネアタ "Super Red/新産地産"(S-class)【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・SOLD OUT!!
・Ap. リネアタ "Super Red/新産地産"(A-class)【Colombia(CCN)/WILD】・・・・・・・ペア ¥35,000-

お知らせ前に問い合わせがいくつか来ていますので、こちらのコースはおはやめにどうぞ!



晴ビレにオレンジ、さらにはエンジ色が見えます。尾ビレ下部にも濃オレンジ入りの個体。これは1ペアのみです。



この感じでAコースです。右上にぼんやり移っている個体も同様のクラス。腹部にうっすらオレンジ持ち。腹ビレは同様色づきそうです。背ビレ尻ビレ尾ビレの外側にかけて赤紫にグラデーションと、見所豊富です。



おなじくAコースに、こんなベタ赤くんもおります。腹部までにじんでいます。腹ビレはこの個体もエンジ入り。




通常コースでもこの雰囲気。この個体はうっすら尾筒にオレンジが。赤くなってゆくのかも知れません。アクセスがはやければ、いずれも複数の中からお選びいただけますので、お気軽にどうぞ。





cf. フラベリはこちらです。





大きめ♂が1尾だけいて、それが上の上の画像の個体です。すぐ上の個体は♀。来たばかりで頰に出るであろうエンジは鮮明ではありませんが、ほぼほぼ出てきそうな感じです。新たなロートカイル系のアピストなので、成長課程での変化やその行く末を、入手後じっくり楽しめるのではないかと思います。






久しぶりの更新となり恐縮です。
お知らせするのを失念していましたが、9月末の26日から30日まで、中国広州で開催されていた国際ペットショー「

CIPS」に今年も中国からのお招きで参加しておりました。ちなみに昨年は11月に上海で催され日本チームは4人。今年はTAUの深田氏とふたりだけのお出かけとなりました。




会場はここ。フロアは三階建てで、1Fは水を扱う関係もあってかアクアリウム関係が主で、2F3Fはアクアメーカーの一部とペットのブースのエリアでした。合わせたスペースは幕張メッセ二つ分とした感じです。こんな形の建物が5〜6つこのエリアに存在しています。CIPSで使っていたのはその中の1棟でした。

続きはまた折を見てレポートいたします。出発前に外での仕事でドタバタしていたこともあり、ここでアナウンスする間もなく出かけてしまいご迷惑をおかけしました。実は主に成瀬が紹介しているAnのFaceBookがあって、中国の現場でわたしのiPhoneから少し情報の提供をしていました。

https://www.facebook.com/An.aquarium.otowa/

今年頭ぐらいに新にスタンバイしたページで、上記アドレスから上記アドレスからご覧いただけます。今後も海外から何かしらの情報提供の機会があれば、こんな形でやってみたいと思っています。


9/30に帰国の予定でしたが、台風24号の影響で帰りのフライトが欠航。実際の帰国が10/2の夜となりました。今週の土曜日10/6は祖父母の法事のため酒田に行きます。金曜の夕方から土曜終日しとうは不在ですが、お店は通常通り営業いたします。今度は台風25号が絡んでくるため、予定通りゆくかどうかまた少し微妙な様相です。




【お知らせ】

10月13-14日は、新潟で開催されるADAパーティー出席のため、この土日の二日間は臨時休業させていただきます。スタッフ二名で出かけるためどうぞご了承ください。今回振り替えの営業日を新に設定いたしまして、10/16火曜日と10/30火曜日に普段の定休日に代わりに営業することにしました。土日のお休みの代わりにはならないとは思いますが、ささやかにこの10月はこんな予定でゆきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!!


 


 

(C)2018 An aquarium. All rights Reserved.