最新情報

An aquarium. 営業時間 平日10:00~20:00 土日祝 10:00~18:00 定休日 火曜日・水曜日 電話番号 03(6304)1110
  メールアドレス info @ an-aquarium.com


※ 生体のお取り置き期間は「1週間以内」とさせていただいております。ご協力のほど、どうぞお願い申しあげます。
      ※ メールでの問い合わせは「ご注文」と「在庫の確認」の時にご利用ください。種説明や飼育相談はお電話にてお受けいたします。

 





 
2月
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
 ※ 火曜・水曜が定休日

ここは、An aquarium.の情報発信のページです。イベント・その他の活動の様子やその進展状況、新入荷のお知らせなどを公開してゆきます。さまざまお楽しみください!

(手順・振込先のご案内)
(扱いアイテムの一部)

 【えさ用コオロギの在庫状況】
  各サイズ、十分在庫あり
 

 
 
 

 2/16(土)

2種のオトシン到着。

・オトシン "ペルー"【Peru/WILD】・・・・・・・・・¥1,200-/10尾¥2,000-
・オトシン "ネグロ"【Paraguay/WILD】・・・・・・・¥2,480-/10尾¥4,500-

稀なパラグアイ便にて「オトシンネグロ」のワイルドが来ています。何度もお話ししていますが、ポルトガル語で「ネグロ」は「黒い」の意味。つまり「オトシンネグロ」は「黒いオトシン」ということでネグロ川産ではありません。生息域河川の水質は弱酸性から弱アルカリで、低pH向きではないことをご認識ください。KHマイナスを使用して換水していない、ごく通常のみずくさ水槽向きのオトシンです。2月いっぱいは上記の特価にてリリースさせていただきます。今週分として100尾しか来ていないので、間もなくしてなくなることが予想されますので、おはやめにお連れください。
なお、産地別or種類別の活用するオトシンの目安として、お持ちの水槽の水槽コンディションに合わせて準備するのがいいですね。
○ pH6.0以上・・・・・・オトシンネグロ
○ pH5.5〜7.5・・・・・・ペルーのオトシン
○ pH4.0〜6.0・・・・・・コロンビアのオトシン
もっぱら通常のみずくさ水槽などにはネグロもペルーオトシンも活用できます。トニナ水槽で6.0未満で維持しているKHマイナス使用による換水をしている場合は少し工夫します。そんな感じに捉えておくのがいいです。若干低pHオトシンが在庫でいますので、興味のある方はおはやめにアクセスください。また来たらまた補充の予定ですが、年間を通じていないときの方が多いので入荷に合わせてご利用ください。




昨日来ているスラウェシ島のワイルドみずくさたち。




オテリア メセンテリウム

昨年のスラウェシ津波の影響から復活回避できたようで、今年も少数来ています。率直な印象としては状態は例年通り。昨年の株の入荷状態が良すぎた感はあります。3株チョイスしてきています。今年ネタのチャレンジ希望者を求む!!



ミニ・エリオカリス "マタノ"

葉質は硬めでストレート。葉長サイズは3cm前後。このぐらいの単位をひと単位といたしますと5株前後というところでしょうか。どんな形状に展開してゆくのか、少し楽しみです。5単位ぐらい取れそうです。



ミニ・ホシクサ "マタノ"

昨年も似たような小さなホシクサが来ました。大昔のカーペットスターよりは葉長1.5cm前後とサイズが大きいので、いい感じかと思います。キレイに処理してそこそこ株数を確保できました。よって3株特価もスタンバイできました。



ミニ・ミズニラ "マタノ"

これは今便の大当たりですね。根元に胞子嚢とおぼしきふくらみが・・・。3株ぐらい取れそうです。

以上4種、2月いっぱい「来たばかり特価」にてサービスさせていただきます。

・オテリア メセンテリウム【Indonesia/WILD】・・・・・・・・・・・・・¥4,800-
・ミニ・エリオカリス "マタノ"【Indonesia/WILD】・・・・・・・・・・・1単位¥2,000-
・ミニ・ホシクサ "マタノ"【Indonesia/WILD】・・・・・・・・・・・・・¥1,500-/¥4,000-
・ミニ・ミズニラ "マタノ"【Indonesia/WILD】・・・・・・・・・・・・・¥3,800-


興味のある方はおはやめにどうぞ。



 2/15(金)

今週はいろいろ予定があったのですが、さまざま流れて予定通りにゆかずまま週末に・・・。ペルー便でいい感じの

・Ap. アガシジー "ペバス"【Peru/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!

が来ました。


おっと、とりあえず♀の写真だけ。。ペバス産としての入荷は過去にほとんど記憶がない。4ペア連れてきていて黄色顔を2尾、青ギラちょっとハデすぎるんじゃないのってのが2尾、計4ペアお出しできます。








SOLD OUT!!


ペルーのアガシジー、ビタエニ同様ほとんどいませんので特に通販で入手するとき要注意。昔からやってる人はよく知っている事実ですが、普通に♂♂ですから、これ小さめサイズだと特にわかりにくいです。30年弱アピスト屋をやってますが、けっこうやっかいです、ってのがこの便この種に対しての認識。ピックアップしてくるときの眼を、数段きびしく見てきています。それでも時々やらかすから、公開リリース数よりはさらに余計に数を持ってくるようにしている。そんな種が実はいくつかおります。
持ってきてすぐの画像でこれなので、ブルーメタリックの強烈さはうなずけます。他にもペルー産でこのぐらいの青さは見かけますが、ペバス産はそれらとどう違うのか、少し飼って様子見したいところ。
新規でのアピストは今週はこれだけです。あとは少し遊びネタを・・・。

・ブラウンディスカス "ラーゴ イリピシ/トロンベタス"【Belem/WILD】・・・・・・・1尾¥40,000-

前回のブルーディスカスより値が2倍になりましたね。サイズは12.5cmぐらいのと13cmぐらいのがいます。今回は2尾。普通こうしたヤツらは「レッドディスカス」と称され地色がキレイに赤くあがってくる。ディスカス扱っていた銀座時代から思っていたんだけど、いつの間にかレッドディスカスとか言う風習が販売側での流れになってる。今は渦中にいないのでわたし視点の客観的なところをしゃべっちゃう。笑



アレンケール産のブラウンディスカスたちをメインに「レッドディスカス」と呼ぶのではあるが,アレンケールという町はソリモンエスの北岸の町であり,その周辺で採れるさかなたち以外はアレンケールディスカスではない。より正確なロケーションからするとサンタレンディスカスなのだ。これは聞こえが悪いから「商業的にアレンケール産」としてひとくくりにされているのであ〜る、実のところ。一気にバラしすぎるとまずいので、今日はここまでとして、さてはてトロンベタスの名がついているのでその河口域のどこかのエリアに「イリピシ湖」ってのがあるとしたら、今回のディスカスを採ってきた漁師はそのあたりで巻き網したのでしょう。ちなみにトロンベタス川本流は"禁止エリア"。本当かどうかはたどりようがないのであきらめた。個体がいい感じだったので2個体選んできましたよ、というのが今回の結末。尾ビレは多少ボロってるけど、ウロコ巻きとピラニアの咬み跡ないのを選んできた感じ。飼育は1尾だと簡単なので45cmぐらいを準備してそこに尾以上いれなければいい。水換えは観念してするように心がけ、とりあえず入手するにはてきとうに予約入れておいて、店で2週間過ぎるのを待つ感じ。エサは赤虫。ハンバーグやると簡単に太るけどワイルドの色合いから少なからず遠くなっていってしまうのでこれも微妙。なんでワイルドのディスカスを飼うのかを考えながらやっると楽しいよ。赤いのが欲しい、ロイヤルが欲しい、って時は優れた改良モノがたくさんいるし。ワイルドでそういいうのがほしいときは、1尾に30万以上出しちゃう腹づもりと年間100以上一つの小売店に銭落とす覚悟をするのが近道。"数万尾に1尾の特別"が欲しいのであれば、そりゃ覚悟はいります。銀座時代に何千万かワイルドディスカスを仕入れた経験はこんなこともいえる口になった。というワケなので、いろんな想いを込めてドキドキしながらも初めてのディスカスを45cmで1尾飼っちゃえる個体を連れてきた感じです。ありゃりゃ、説明長すぎるねー。泪

・シルバーアロワナ "コロンビア"【Colombia/WILD】・・・・・・・1尾¥4,800-

ワイルドのシルバーが来ませんね、でもほんとはブラジルのが欲しかったけどそれ禁止じゃん。なのでコロンビアのシルバー担った。でもほとんど来ない、珍しいさかなになっていた。普通に見られるのは東南のブリードで値段もさほどではありませんね。アロワナの中で何が一番好きかと言ったらやっぱり「ブラジルのシルバー」に限る。繰り返しになるけど手に入らないから・・・。
さて、今回ネタは8cmぐらい。背ビレとかに模様が見えてていい感じ。先々80cmぐらいまで行っちゃうのでおすすめはしませんよ。飼える水槽を準備したいな〜。

・ラスボラ ヘテロモルファ

30尾だけお持ちしています。いつもより良いネタです。あえて少なめに90にドバンするのにいい雰囲気。

さかなはなんとこの4種。こんな週もありますよ。でも2週連続なんだよね。大粒泪




みずくさはスラウェシの採集ネタがいくつか来ています。メセンテも3株だけ連れてきていますが、興味のある方はお声がけください。ホシクサなどもあり、明日詳しくご紹介予定です。



 2/8(金)

お待たせしました。週末は三連休の様相で、店頭で大人気のアガシジーをさらに補充しています。そろそろネタ切れなので、あとは何年後かの出会いを期待しましょう。何度も繰り返し申し上げますが、通常のアガシジー体型ではありませんので、まだ未体験の方は半年一年かけてその差を目の前で実感してみてください。入手個体のみならず、仔にしっかり受け継ぎこの種の持つポテンシャルを存分に把握しておくことも忘れずに。驚異的な変異を見せるその雄姿は強く記憶に残ることでしょう。ということで、

・Ap. アガシジー "ウマイタ"【AquaFauna/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・・ペア¥15,000-
・Ap. トリファスキアータ "グアポレ"【AquaFauna/WILD】・・・・・・・・・・・・ペア¥9,800-

グアポレ産のトリファも補充しています。入手できるうちは店頭できらさずストック育成しておきますのでこれで今月いっぱいはなんとか供給できると思います。




お出かけ仕入れは、先週輸入業者スタッフが東南に直に仕入れに行っており、マクロストマを現地でセレクトしてきたという。そんなわけで、この連休中はスーパーレッドな「マクロストマ祭り」が開催されます。笑

・ベタ マクロストマ "マルディ"【Indonesia/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・ペア¥28,000-

選んできただけあってどれもいい感じでしたが、そこからさらに3ペア限定セレクトです。


来たばかりの雰囲気ですが、こんな感じです。水温は上限を26℃とするのが飼育のコツ。夏場殺すので気合いを入れて対応します。90ぐらいのみずくさ水槽でも、エビがエサになりますがすこぶるうまく付き合うことができます。産卵までは順調に推移するでしょう。現地はぼぼ赤道ですが高地にいるようです。日本の都会の熱帯夜と異なり気温の上下があり夜間はそれなりの気温になります。ブラジルでも同様でほぼ赤道直下のネグロ上流のほとりの町サンガブリエルなどでも、朝露がしっかり見られ早朝は23℃程度です。意外に感じられるかも知れませんが、日本の熱帯夜がまさに不自然現象なんですね。

ほかには、

・Ap. カカトゥオイデス "Rio Nanay"【Peru/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・ペア¥8,000-
・レッドテールアカメフグ(SS/アベニサイズ)【Indonesia/WILD】・・・・・・・・1尾¥1,500-
・イエローブリタニ【Peru/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥3,000-
・レッドフィンレッドノーズ【Singapore/Br.】・・・・・・・・・・・・・・・・・・30尾¥9,800-

カカトゥは先週のネタの補充ですが、これでラストです。
アベニサイズのアカメフグがいてついついピックアップ。強力な貝食いですが、初めてのチャレンジなのでどれだけ使えるかどうか一度試してみます。普段見ないチビチビサイズなので、お好きな方がおればお気軽にお声がけください。

今週のおさかなはこんな感じで今週分は終了です。店頭在庫もほどほどおりますので、どうぞ楽しみにお越しください。




みずくさも"おもろネタ"が来ていました。


【Buce. "グリーンウェービー斑入り"
1株
¥9,800-



というわけで、この三連休は「みずくさ祭り」も開催しちゃいます。

・Buce. "グリーンウェービー斑入り"【バラ株/Singapore】・・・・・・・・・・・1株 ¥9,800-
・Anb. ナナ "ブロードホワイト"【バラ株/Singapore】・・・・・・・・・・・・・1株 ¥9,800-
・Cry. アフィニス【組織培養/Singapore】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1cup ¥1,400-



【Anb. ナナ "ブロードホワイト"
1株
¥9,800-

グリーンウェービーの斑入りは、原種より気持ち葉が細い感じです。やるなら水上1株、水中1株と2株態勢がセオリーですな。ただ現在在庫は3株のみ。斑が消えたとしても、葉の形がこのままならこの種はけっこういける株なんじゃないかと思ったよ。
白いナナは、葉が丸い。霜降りではなくソリッドな白になってる。葉脈が緑で残っているので、普通にいけそう。古葉は緑色になってゆくのかな。北株から感じられたところ。日本へは今回6株入荷で、そのうちAnで3株入手しています。
ほかにも少し。

・タイワンモス【1-2GROW/tropica】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1cup ¥1,200-
・クリスマスモス【1-2GROW/tropica】

・アラグアイアレッドシャープリーフ【1-2GROW/tropica】
・ポゴステモン ヘルフェリー【1-2GROW/tropica】

・ラナリスマ ロストラータ【pot/Thailand】・・・・・・・・・・・・・・・・1pot ¥800-


ラナリスマ ロストラタ

わたしのみずくさ現役時代は、「ラナリスマ フミレ」なるモノが新着で登場した時代。アフリカからテネルスが来たと、そんなふれ込みでしたが水上葉は見事な丸葉。画像のロストラタも同様に見事な丸葉です。フミレの方がより丸かったような、それが今これなのか、別の種類が今流通しているのか、この件に関して浦島太郎なので調べておきます。最近参入なされたみずくさ好きの人にとっては、”水上丸いけど細葉で前景展開しそうな草” とした認識で良いでしょう。実際どうなるのか少し店で試しておくのは最低限のマナーとして認識。こうして少しずつ今の時代用に進化しておきます。

まだ少し。

・Anb. ナナ "パクシン"【pot/Thailand】・・・・・・・・・・・・・・・・1pot ¥1,200-

新着のナナらしいが、現状は水上葉で見た目は気持ち小さく細葉なくらいか。葉の展開が特徴的らしく、くりんと丸くなるというふれ込み。新しもの好きにおすすめ。たいした値段しないので遊び心でどうぞ。とりあえず5pot持ってきておきました。(すまんね画像なしだよー)

・カボンバ
・アナカリス


ご近所さん向けにもご準備しています。

トロピカのアンブリアも持ってきています。札には「Lim. aquatica」になっているので、しっかりジャイアントアンブリアだと思うよ。今週は以上です。


 2/4(月)

また近々「アクアゼミ」でもやろうかなと考えておりますが、聞いてみたいテーマや話題などがあればご来店の際にでも教えてください。アピストもしくはみずくさいずれかをメインでテーマとして、今年も何度かやってみようと思います。初めてご参加の方向けにやりたいなと思っていますので、今お持ちの疑問などをぶつけてみてください。




今日はみずくさ水槽の立ち上げのコツを少し。ここのNEWSページを過去にたどると何度かご紹介していますが、初期の底床の敷き方などをあらためてご紹介しておきます。An aquarium.でやっている方法は単純に「キレイなみずくさ水槽を手中にする上で最も楽な方法」です。何度もみずくさ水槽を立ち上げ維持管理してきていますので、当然失敗なく必ずうまくゆく、そしてなおかつ一番楽な方法を採用しているのは至極当然。コスト的な面・そしてその手間、その他さまざまな事柄を含めた最大公約数を形にしています。

採用している商品は以下の通りです。

○ ADAアマゾニア(粒のみ)
○ ADAパワーサンド
○ 底床ネット(Anオリジナル製品)

この三つ。さまざま製品が出ては消えて、その中でいくつか試してきましたが結局は、20年以上前からやっているこの三つのアイテムに落ち着いています。栄養系だとか吸着系だとか世で分けられているようですが、特に本気のみずくさ水槽を目指す人にとって吸着系は論外として、使用する候補からから外してもいいでしょう。長期でみずくさ水槽と向き合ってゆく場合には、途中途中で弊害が多々生じることから回避しておくのがいいでしょう。じゃどれだとだいじょうぶなの?の答えに関しては『アマゾニア使うのが一番スムーズよ』というのがわたしからの率直な答えです。
次にパワーサンドというのは基礎肥料で、セッティングの時に水槽の一番下に敷いて仕込んでおく肥料です。水に体をゆだねているみずくさたちとはいえ、根張りし底床内からかなりの肥料分を吸収し実際要求している。追肥として、あとから施肥することも思考をよぎりますが、最初に敷いちゃえばそれすらほとんどいらない。ついでにいうと、パワーサンドからのアマゾニアを通してしみ出してくる養分のおかげで、基本液肥いらずでかなりの時間良好に水草水槽を展開させられる。うまくやるには結局いまだにパワーサンドに頼っているのが現状。そこで最近オモロイ素材を見つけて「スーパーパワーサンド〈仮称〉」なるモノを実験中なのだ。ベースを現製品のパワーサンドにプラスアルファーを施したモノ。何度も試して実用化に向け開発中なのだ。しばし待たれし!!
今回はとりあえず「市販品のパワーサンド」でお話しをすすめておきます。



さっそく空の水槽の底面に「パワーサンド」を敷きました。画像の通り、ただ敷いただけではなく周りのガラスから3cmほど内側に寄せてある。サンドフラッターよりもこの形にパワーサンドをならすのには「三角定規」の方が便利。なければ段ボールを三角にカットして自家製三角定規を作る。それで十分。中央よりに寄せる理由はなにかというと、この底床肥料は比較的良く効くので、できるだけ上からかぶせるアマゾニアでフタをしてしまう意図があります。いっぱいに敷くより寄せて敷く方が、より封印させやすいと考えるからです。

次に「底床ネット」をそっと上からかぶせます。


画像の底床ネットが白と緑のまだらなのは、以前この水槽で敷いていたネットを洗って再使用しているからです。新品の底床ネットは鮮やかなグリーンで、このようにリセットのたびに何度も何度も使えます。Anの店頭にいつでもありますので、欲しい方はお声がけください。水槽サイズ別に販売しています(¥800〜)。買ったネットは、ハサミで簡単に加工ができます。実際の底床サイズよりあえて少し大きめでご準備しています。ご自分でハサミでカットしてすんなり入る大きさに整えてから使用します。

次にソイルを上から敷いてゆきます。


ただ敷くのではなくて、水槽の周りから全周する感じです。手で底床ネットを押さえて、手の上にカップですくったソイルとのせてゆくようにするとスムーズです。カップの中のソイルがなくなったら、底床ネットを押さえている手をそっと抜きます。そしてまたその隣のエリアに移動して衣装ネットを片手で押さえてその上からカップに入ったソイルをかぶせる。この繰り返しで、水槽を一周した様子がこちらです。↓↓↓


真ん中だけ残りました。最後に手のひらを残った底床ネットに押し当てながら、カップにくんだソイルを手にかぶせてゆきます。底床の厚さは慣れないうちは6cm以上がおすすめ。一番底に敷いたパワーサンドをうまく封印できる厚さであるのと、みずくさを楽に植え込むのに必要な厚さです。
おっと、もう少しで底床ネットがすべて隠れてしまいますね。


さて、このパワーサンドの役割は何かというと、水草を植え込みしばらくしてそれらを引き抜くとします。良好な根張りをしていると、みずくさたちの根が最底部にあるパワーサンドに到達していますので、根がそれらを抱き込んだまま、底床上にパワーサンドが出てきてしまいむき出しになります。底が水中への肥料の通り道となり数日後からコケの大発生を招きます。まずはそれを回避するためと、パワーサンドの成分は軽石なのでその白い軽石がアマゾニアの上に出て見た目が悪くなる。この二つを回避するためにあらかじめ底床ネットを敷いておくのですね。パワーサンドまで到達した根も、底床ネットがあるとそこで軽石をそぎ落とし上に出てくることがない。ただし、エキノドルスやクリプトコリネなどの強力な根張りをする種を植えたときでなおかつ半年以上経過しているのであれば、底床内にハサミを入れ根をカットしながら抜く方が安全です。さすがの底床ネットも鬼のような根張りのみずくさには力及ばず・・・。一般的な有茎などのみずくさで大きな効果を発揮するものと受け止めください。


全面敷き終わったら、あらためて底床をキレイにならしておきます。レイアウトをしてゆくのであれば、敷くソイルの量は8割ぐらいにしておき、残りを袋で保管しておきます。流木や石で形作ったら、残ったソイルを盛り土するなどしてかぶせてゆきます。途中途中を省いてしまいましたので、詳しく知りたい方は店頭でお声がけください。

この通りやるとスムーズです。ご自分オリジナルの工夫はいりません。同じことをやることができたら、話の続きは店頭でのスムーズな誘導へとつながります。そうです、An aquarium.で水槽をはじめると投資金額が無駄にならないどころか、このアクアな趣味がさらに深い泥沼に、いや違った、さらに充実したすてきな世界に変貌してゆくでしょう。アーメン。笑笑



 2/2(土)

お待たせしました。みずくさ「なまり巻きコーナー」今週のラインナップです。

・ロタラ ワリッキー "メキシカーナ"・・・・・・・・・・・10本 ¥500-
・ロタラ "トワイライト"
・・・・・・・・・・・・・・・・10本 ¥500-
・ロタラ "インレー/ミャンマー"
・・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!
・ロタラ "スウィンドドゥルグ/インド"
・・・・・・・・・・10本 ¥500-
・ポリゴヌム "ピンク"
・・・・・・・・・・・・・・・・・5本 ¥500-
・ポリゴヌム "サンパウロレッド"
・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!
・ハイグロ. "アップルレッド"
・・・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!
・ウォーターウィステリア "シンガポールWILD"
・・・・・・3本 ¥500-
・"ギニアンハイグロ"・・・・・・・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!







今回は専用水槽をスタンバイしています。よりどりさまざまお楽しみください。


 2/1(金)

本日のお出かけ仕入部門のお知らせ。おわかりの通り金曜を軸にほぼ毎週お出かけしています。

・Ap. パウキスクアミス "バルセロス-エリア"【Manaus/WILD】・・・・・・・・・ペア¥16,800-
・Ap. "イエローミウア/Rio Araca"【SãoPaulo/WILD】・・・・・・・・・・・・・ペア¥10,000-
・Ap. cf. プルクラ "Rio Abacaxis"(A-class)【Manaus/WILD】・・・・・・・・ペア¥12,000-
・Ap. cf. プルクラ "Rio Abacaxis"【Manaus/WILD】・・・・・・・・・・・・・・ペア¥9,800-

・Ap. カカトゥオイデス "Rio Nanay"【Peru/WILD】
・・・・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!
・Ap. ビタエニアータ "Rio Nanay"【Peru/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・・ペア¥12,000-
・Ap. ビタエニアータ "Rio Nanay"(S-class)【Peru/WILD】・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!
・Ap. アタフアルパ "Rio Itaya"【Peru/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・・・・SOLD OUT!!

先週意外な人気ですぐになくなったパウキを追加しています。翌週残ったところからのチョイスですから過大なるご期待抜きにお願いいたします。さっそく少し出ましたが、あと3ペアぐらいはリリース出来そうです。
サンパウロ便でイエローミウアが来ていたので、1ペアだけ補充しました。サイズ大きくなくほどよくキレイです。お好みの方がおればどうぞ。在庫も1ペアいるので合わせて2ペアリリース可能です。サンパウロ便ですが元はマナウスから出荷されていますので、たどった漁師はいっしょだと思いますから、採集場所などネタ的にはおそらくは同じモノです。
サンパウロ便で「ビタエニ "テッフェ"」という名でさかなが来ていました。微妙でしたので、昨年11月に立ち上げた120×50×50の最初のアピストになってもらいました。この水草水槽はご来店時の楽しみ用にと、"アピストに暮らしてもらうため"に製作した水槽です。数ヶ月後が楽しみです。♂4♀2で入っていますから、こっそりのぞいてみてください。
cf.プルクラは「ウィルヘルミー」です。程度のいいのがたいていで、かなり程度のいいのが少しいます。今年はシミなし便が多くて、なおかつ値段も少し安いです。前回ネタよりワンサイズ大きくあたりです。飼ってみたことない人は、とても良い機会です。顔面金色スゴ色のアピストをご堪能ください。今回は合わせて5ペアのみ。

ペルーのネタは先週持ってくるのを忘れたヤツらです。ナナイ産のカカトゥオイデスとビタエニ。ビタエニは1ペアのみスペシャルグレードあり。他もいいレベルです。多くのペルーのビタエニは、実は♀の入手がかなりやっかいです。まともなペアでの流通数が近年激減(ブラジル産の方が小さめサイズでも♀がとてもわかりやすい)。♂の小さめが♀として出ているのが通例です。かなりシビアにゆかなければならないところです。あまり知られてません。ナナイのカカトゥ、来ちゃってます。シミリスクあり、しかもリリースは1ペアのみです。かなりのレアネタ。
アタフアルパ、1ペアだけ追加できました。これも来ていませんね。

・ワイルドブルーディスカス "Rio Nyamunda"(12.5cm)【Manaus/WILD】・・・・1尾¥20,000-

銀座にいたときの後半は、けっこうディスカスもやった。なので少しだけ詳しいのだ。マナウスより少し下流域のアマゾン河に注ぐニャムンダ河というのがある。ここのディスカスは、ヘッケルクロスがたいていで性格もびびりと来て飼育とその扱いの面でチョイとくせがある。クロスしてないブルーディスカスは実はちょいとレアで、たくさん飼ってみると比較的おっとりして動じない性格の違うディスカスがいて、当時はそうしたほんとのブルーを探していました。とは言え、今回のが純血かどうかも正直わからない。やはり複数で飼ってみたり数年にわたる入荷の状況をさかなを飼いながら把握できないと、簡単に「それである」とは言いがたい。ロイヤルを目指すのであれば、ワイルドであれば30万以上個体に金出す気でやらないと楽しくないし、高いレベルを目指すのであれば数万尾に1尾の入手を目指すことになる。言ってしまえばそもそもブリードでキレイなロイヤルはたくさんいるわけだから、そっちで追求するのがいい。前置きが長くなってしまいましたが、今はわたしとディスカスの距離感は「遊び心」で楽しめる向きで考えているので、しがらみもなくわたし視点での「価値」を追求しているだけ。手乗り写真は載せる気もなく、そのうち水槽で落ちといた頃に画像にでもしてみるかというところです。値段は安いので、気になる方はチラ見ください。デュメリリの群れといっしょなのでエサが取れるかどうかこれは微妙ですが・・・。笑

みずくさは

・ブロードテネルス【1-2GROW/tropica】
・ミクロソルム "フレアミング"【pot/Thailand】

これだけです。明日の新規入荷予定はありませんが、久々に「なまり巻きコーナー」をご用意する予定です。

・ポリゴヌム sp. "ピンク"
・ロタラ ワリッキー "メキシカーナ"
・ロタラ "インレー/ミャンマー"
・ロタラ "スウィンドドゥルグ/インド"
・ハイグロ. "アップルレッド"
・ウォーターウィステリア "シンガポールWILD"(個人採集の増殖株)


とりあえずこんな感じで、あと追加で明日の午前中までにさまざまご用意しておきます。




 

 


 

(C)2019 An aquarium. All rights Reserved.