最新情報

  メールアドレス info @ an-aquarium.com
※ 生体のお取り置き期間は「1週間以内」とさせていただいております。どうぞご協力願います。
※ メールでの問い合わせは「ご注文」と「在庫の確認」の時にご利用ください。
※ 飼育相談や入荷時のさらなる種説明などはお電話にてお受けしています。お気軽にどうぞ!

 
6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 ※ 月〜水曜は定休日
  ここは、An aquarium.の情報発信のページです。イベント・その他の活動の様子やその進展状況、新入荷のお知らせなどを公開してゆきます。さまざまお楽しみください!



2024年
5月号
4月号
3月号
2月号






(手順・振込先のご案内)
(扱いアイテムの一部)

 

フェイスブック:さかなやみずくさ画像あり(成瀬がメインで更新しています)
インスタグラム:EHEIMイベント&渓流など(志藤が更新しています)

 

 
 

 6/13(木)

侘び草「水辺の植物」シリーズ、ご準備できています。


期間限定で例年5月過ぎに少し流通します。今年は6月に入ってからの出荷でした。




侘び草 "水辺MIX"

ひとつ ¥2,900-

エーハイムボックスに水を張りストックしています。仕入れはそこそこ高いのですが、販売価格は控えめにしています。すでにADAでは初期出荷分は完売しています。例年もう一度出荷がありますが、今年はいかがかな。オモダカベースで、いい雰囲気です。メインの株がしっかりしていてモノはイイと思います。





先週1種だけですがアピストも補充しています。

・Ap. "D39/変わり"【CCN便/WILD】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ペア ¥18,000-

アルトバウペス1としてきていますが、さかなが少しキレイすぎで印象が異なります。いつもの39より少し値段が安かったのでアレって感じで、通常のD39とは採集地が違うのではないかと推測しています。目鼻立ちがはっきりしていてよさげな印象かな。






♀は総じて小さめですが、少し落ち着いたところで見ていると、サイズ差はさほど気にせずとも仔取りはいけそうな感じです。5ペアいますので、すぐにはなくならないと思います。



これはこれで、いい雰囲気もっています。





先週来たナイジェリアからのメダカです。


しっかり目の♂。体側真ん中・下の縁取り・その間にもブルーラインが出るんですね。尾ビレは線状ドット入り。少しゴージャスなランプアイ風。



若めの♂でも色出ています。



♀はこんな感じで。

先週連れてきたスケーリーは撮影の前に売り切れました。



 6/7(金)

今週の在庫補充のお知らせです。

・Ap. ホングスロイ【Czech便/Br.】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ペア ¥9,000-
・プンティウス ゲリウス (S-size)【India便/WILD】・・・・・・・・・・・・ 10尾 ¥3,500-
・ポロパンチャックス ルクソフタルムス (L-size)Nigeria便/WILD】 ・・・・ 5 尾 ¥6,800- 10尾¥12,000-
・ミクロパンチャックス スケーリ【Nigeria便/WILD】 ・・・・・・・・・・・ SOLD OUT!!
・ネオレビアス ポウェリー【Nigeria便/WILD】 ・・・・・・・・・・・・・・ 5 尾 ¥6,800- 10尾¥12,000-

ホングスロイの赤いヤツ、セールをかいくぐり店で大事にしてたペアが先月末に引き取られてゆきましたので、前回のチェコ便から2ペアピックアップしてきました.このさかな、知ってる人は認識できていますが入荷あってもほとんど♀がいない。来て2週間過ぎて♀の見極めが少し容易になったところが今回のタイミング。♂は余計なところまで赤い個体をピックアップ。実物がどんな様相かは、来週になると思いますが残っていたら画像でご紹介してみましょう。

今週の新規としてはインド便とアフリカのナイジェリア便が来ていました。インド便のワイルドゲリウス、前回は状態微妙で見合わせていたので少し心待ちにしていたおさかなでした。珍しいチビサイズでの入荷、さらにはいつになく状態が良かったです。これは少し驚きでした。過去見たことないぐらいチビチビでしたので、50尾すくったところで全然存在感がない。そこでさらに50尾の計100尾。現状1cm前後しかなく、10尾程度では小型水槽でも存在感薄。徐々にサイズアップするとしても知れていますので、超小型水槽でものれは対応可能でしょう。カニウスの可能性はゼロではありませんけど、チビ過ぎてその見極めはあきらめています。

次にアフリカのメダカ。少し前に来たのはカメルーンからでしたが、今回はナイジェリアから。おさえめの値付けをしておりますが、昔の値段ではもはや入手不可能な様相です。まずはルクソフタルムス。ボディーにも青がのるランプアイ。昔から知られているおさかなですが、ここ3-4年は年に1-2度ぐらいしか入手チャンス無し。ペア売りでしたが、2尾いても仕方ないおさかななので5尾特価でお出しさせていただきます.♂3♀2もしくは♂2♀3でリリースさせていただきます。週半ばに日本着、数日後の仕入れチェックとなりました.状態まずまずとした印象ですが、店でのリリースは少し無理して明日の土曜、念のためこの日曜以降がイイ感じです。せっかく仕入れに出向いていますので、来た中からしっかり目サイズでチョイスしています。来週も補充できる可能性こそありますが、サイズダウンすると思いますので、今週ネタがオススメではあります。
ナイジェリアのメダカはもう1種、スケーリーもいました。この種を店に連れてきた記憶が薄かったのですが、こちらは複数の水槽にいて数は余計に来ていました。♂は明瞭に尾ビレに模様入りですぐ分かります。これらアフリカのメダカたちは状態が整ってから手を出すのがセオリーで、それまでの過程はAnの店頭でにないますのでご安心を。円安のあおりと諸経費のった2024年6月入荷の値段ですので、ここはしっかりケアしておきたいと思います。こっちは数いたので10尾のみ連れてきています。
ナイジェリアのメダカ二種のあとでコイ科の超小型種、ネオレビ ポウェリー。泳ぎは少し鈍いので小型水槽向き。銀座時代から好きで仕入れていますが、Anに連れてきたのは久々になりました。今回入荷総数が少なかったので、今後も見通しでやな予感がしたからであります。この分野、熱いマニアがわずかにおりますが、世間的にはかなりマイナー種。熱い視線を一挙に向けられることがない小型美種。そのうち消える種になるリスクを同時にはらむ。たぶんまた来ると思うけど・・・。ってポジションかと。

今日はテキストのみで恐縮です。落ち着いてきたらマクロレンズ向けてみます。しばしお待ちください。





今週のみずくさは少しだけ。

【組織培養カップ】・・・・・・・・・・・・・・・1cup ¥1,500-
・リトレラ ウニフローラ【1-2GROW/tropica
・ポゴステモン ヘルフェリー【Growow/Sreepadma】

【組織培養カップ】
・Cry. バランサエ【pot/AquaFleur
・ホテイソウ "ミニ"
・アナカリス

今週はこんなところです。



 

(C)2024 An aquarium. All rights Reserved.